TOP
 / 
やればできる事例

脱サラからラーメン店開業し、初年度売上4400万円

8坪でラーメン店開業し初年度売上4400万円

 

いつかはラーメン店を自分でやりたいと思っていた建設業に従事するFさんは、50代にして会社を退職。 ラーメン店での経験も知識もなかったFさんは、修行させてくれる繁盛店を探したのですが、年齢も高いためか働かせてくれる繁盛店がなかなか見つからず、どうやってラーメン店運営のノウハウを習得したものかと困り果てていたようでした。

 

FC加盟も検討し、それも難しいことだと現実を目の当たりにしたFさん、それでもラーメン店をやってみたいという願望だけは変わらず持っており、何か方法はないかと弊社に相談されました。Fさんには、「よその店で修業しなくても、FCに頼らなくても業務用ラーメンスープやタレを使って成功している方が何人もいる」ということを伝えたところ、まず物件探しを手伝ってくれないかと俄然やる気マンマンになったようです。

 

手元資金がギリギリのため、居抜きで小規模物件に限定して探したところ、運よく?裏通り3等立地の8坪の店が見つかり、ナント家賃10万円以下、保証金・譲渡金も格安で物件確保ができました。

 

さて、物件を先に手に入れたので、ここからやることはスピード感を持って商品開発を行うことになります。Fさんには『こういうラーメンをやりたい』というこだわりが特になかったので、立地に合わせて商品開発とメニュー開発を行っていくことになりました。

 

1.まず、立地条件が似ている某繁盛店メニューを手本にし、商品の見せ方にオリジナリティを出してラーメンを創ろうという方針を決め

 

2.仕込はできるだけ簡素化し、業務用ラーメンスープを最大限活用できる商品を想定し、豚白湯スープと下処理済ガラを併用した本格的なスープを完成させました。

 

3.かえしは業務用ラーメンタレ(醤油、味噌、塩)をスープに合わせて選び、麺は価格よりも質を重視し醤油ラーメン用と塩ラーメン用の麺と、味噌ラーメン用の麺の2種類を選び、商品を決定。

 

4.お店の運営は当面Fさん1人で回すことが想定されるので、メニューは可能な限り絞り込んで開業準備に入りました。

 

5.業務用ラーメンスープをMAXで活用するので、仕込(スープ作り)の練習はほとんどなく、注文が入った時を想定したラーメン作りを何日かテストキッチンと開業前の自分の店を使って練習。練習用の業務用ラーメンスープ、タレ、麺、メンマ、チャーシュー、海苔などを弊社で提供し、数日程ラーメン作りの特訓を行ったので随分自信がついたようです。

 

6.オープンして数日はランチタイムだけ開店し、無理のない開業を目指しました。幸いFさん自身の明るい前向きな姿勢が、開業時のオペレーションの混乱時に生まれるお客様の不満・クレームなど吸収し、転じて福となす神対応もあり、無事開業の試練を乗り切りました。

 

この店は8坪の店ながら開業2か月後に月商300万円を超え、3か月後は月商350万円と売上を伸ばし年商4400万円までになり、Fさんは1年目にしてサラリーマン時代の3倍近い収入を手にいれ、10年以上繁盛店として健全な経営を続けています。

 

脱サラからラーメン店開業し、初年度売上4400万円

飲食店を経営しているがラーメン店ははじめて→当社から商品開発・レシピ作成支援・スープとタレ供給

和食の店を経営しているKさんはラーメン店ははじめて。和食のように仕込に時間をとられたくないので、できるだけ簡単に美味いラーメンを作りたいという希望を持っていた。

スープは下処理済の丸鶏と業務用鶏清湯スープを併用して作り、かなりレベルの高い清湯スープが完成。このスープに東京の超有名店と同じ醤油ダレ(かえし)と香油を合わせることを提案し、レシピを作って試したところ、実に美味しいラーメンが出来上がった。

この店主、ラーメン作りは全くのはじめてだったが、センスの良さでたった1日でラーメン作りをマスター。職人系ルックスも功を奏し、この店のラーメンを食べたお客様からは、「材料にこだわって丁寧にスープを作っているすごいラーメンだ」などと、さほどこだわっていないのだがSNSで勝手に絶賛されて話題店になった。

飲食店を経営しているがラーメン店ははじめて→当社から商品開発・レシピ作成支援・スープとタレ供給

ラーメン学校でラーメンの作り方を習ったが思い通りの味ができずにいた→業務用スープ・タレ供給と商品開発サポート

ラーメン学校に行ってスープ作りを習ったが、開業前になってもなかなか思い通りの味が作れずにいたTさん。そこでTさんには、学校では教えていない業務用スープを複数使うことを勧め、目指していた味に近いスープベースをまずは完成させた。

スープ作りに十時間以上かかることを想定していたが、業務用スープを使うことで実際の仕込時間は10分の1近くまで短縮、ガス代も少なくてすむようになり、利益創出に大きな役目を果たした。開業後は15坪で200人/日の客数で推移し、順当に売上をあげていった。

ラーメン学校でラーメンの作り方を習ったが思い通りの味ができずにいた→業務用スープ・タレ供給と商品開発サポート

居酒屋不況でラーメン店に業態転換→当社から商品開発・レシピ作成支援・スープ・タレ・麺供給

M社は居酒屋を経営していたが、業績が振るわず不況に比較的強いといわれるラーメン店に業態転換。しかしラーメン店ははじめてなので当社に商品開発を依頼。できるだけ仕込み作業をなくし、かつ手作り感のあるラーメンを作りたいという希望。

そこで当社の豚白湯スープと鶏白湯スープをブレンドし、これに有名繁盛店使用のものと同じタレを合わせ、業務用冷凍背脂を使って濃厚で深みのあるスープが完成。麺・チャーシューもグレードの高いものを使用し、全くの仕込みなしでも再上限までレベルを上げたラーメンができ上がった。

 

 

 

居酒屋不況でラーメン店に業態転換→当社から商品開発・レシピ作成支援・スープ・タレ・麺供給

焼肉FC加盟を撤退しラーメン店開業→当社でタレOEM開発と供給・レシピ作成サポート

N社は焼肉FCに加盟していたが、業績が振るわず撤退。ラーメンの経験はなかったが「あのSという有名店の味噌ラーメンの味でやりたい」という明確なイメージがあった。

イメージする味を具現化するために、味噌ダレを工場で幾度か試作し納得のいくタレが完成。ここまで2か月と少し。このタレと業務用スープと合わせ、中太ちぢれ麺でほぼ目標とするラーメンができあがった。お金がなく店舗物件は路地裏3等立地。開店して2か月間は売上が上がらず苦しんだが、3か月目からクチコミでお客様の数は増えていき、いつしか行列の絶え間ない有名店となった。ラーメンファンなら大体の人が知っているこの店は、わずか6坪で月商370万円を売り上げる繁盛店となった。

焼肉FC加盟を撤退しラーメン店開業→当社でタレOEM開発と供給・レシピ作成サポート